カラーレジストのしくみ

カラーレジストとは

カラーレジストとは、カラーフィルタなどに使用される顔料をベースとしたインキのことです。「レジスト」とは、英語で「抵抗」を意味し、そこからおもに工業用途で製品に使用される「保護膜」を指すようになりました。これと同じく物理的・化学的処理に対する保護(抵抗)能力を持つインキを、カラーレジストと呼びます。

カラーレジストは、色材(顔料)にポリマーや感光剤、溶剤などが配合されており、紫外線などの光を照射することで、現像液などのエッチング(溶解作用)に耐える性能を持ちます。インキにこのような性能を付与するのは、カラーフィルタの製造工程が大きく関わっています。

カラーフィルタは、ガラス基板上に、赤・緑・青(RGB)の3色のカラーレジストが、特定のパターンで塗られてできています。ただし各色の点(サブピクセル)は非常に小さいため、特定の部分だけを狙って着色することができません。そのため最初に全面を赤色で塗った後、不必要な部分を現像液で洗い流し、その上から緑色、さらに青色と、着色と除去の工程を繰り返してRGBのパターンが形成されます。

このとき「残したい部分」と「除去したい部分」を区別するのに、カラーレジストの持つ性能が役立ちます。上記のとおり、カラーレジストは紫外線などの光を照射することで、現像液のエッチングに耐える性能を持ちます(※ネガ型レジストの場合)。そのため「除去したい部分」をマスクし、「残したい部分」だけに紫外線を照射して硬化(不溶化)させることで、特定の部分のみカラーレジストを残すことができ、RGBのパターニングが可能となります。

カラーレジストの成分

カラーレジストは、顔料に樹脂や溶剤などを加えてできたペーストに、紫外線に対する重合反応を引き起こすための光開始剤や各種添加剤を加えてつくられます。

カラーレジストの成分と機能

当社のカラーレジスト

カラーレジストをはじめとする当社のFPD用カラーフィルタ色材には、これまで東洋インキグループが印刷インキや塗料の開発で培った「ナノレベルの分散加工技術」が活かされています。当社では、高機能顔料から最終的な着色レジストインキまで、一貫して開発・生産できる強みをフルに活かし、カラーディスプレイのさらなる性能向上に貢献しています。

顔料の微細化と分散技術

FPDなどのエレクトロニクス用の色材には、光の高い透過率が求められます。それを実現するためには、顔料をナノ単位で超微細化する技術が欠かせません。当社では、用途に応じて顔料のサイズを自在に加工することが可能です。

また、透過率を向上させるためには、顔料粒子を均一に分散させる技術も欠かせません。当社では、顔料粒子の表面に特殊な加工を施すことにより、顔料が沈殿しないように液中に均一に分散させたまま、安定化させることが可能です。これにより、良好な流動性(基板への塗布性能の向上)と高い透過性をもつ、高機能のエレクトロニクス用色材をご提供しています。

新規色材(OPTLION® GREEN)の開発

OPTLION® GREENは、当社が開発したまったく新しい色材です。現在「OPTLION® GREEN 8880」と「OPTLION® GREEN 8890」の2種類があり、これらをカラーフィルタなどに使用することで、より鮮明に、より明るく、本物の自然の美しさを画面上に再現できます。また、OPTLION® GREENの使用により、色の再現域が大きく広がり、より繊細で、鮮明な色彩表現が可能になります。

OPTLION® GREENの画面イメージ

OPTLION® GREEN 使用パネルの色域

お問い合わせ

東洋ビジュアルソリューションズ株式会社
TEL : 03-3272-3457
FAX : 03-3272-0624