事業紹介

世界における色材のリーディングカンパニーである東洋インキグループにとって、有機顔料の合成技術は原点の一つです。
またインキや塗料の製造で蓄積されたナノレベルの分散技術は、着色するという用途を大きく超え、液晶ディスプレイ用カラーフィルタ、イメージセンサー用色材など表示材料関連事業にも展開されています。
これら東洋インキグループの色材・機能材関連事業における表示材料関連事業は、東洋ビジュアルソリューションズがグローバルに事業展開しています。

FPD用カラーフィルタ色材

薄型テレビやパソコン、スマートフォンなどに使用されているカラーフィルタは、FPD(フラットパネルディスプレイ)の色再現の要となる構成部品です。近年では液晶だけでなく、電子ペーパーや有機ELなど、様々なパネルアプリケーションに用いられています。
当社のFPD用カラーフィルタ色材は、これまで東洋インキグループが印刷インキや塗料の開発で培ってきたナノレベルの分散加工技術が生み出した最先端製品であり、世界的に高いシェアを持っています。
当社では、高機能顔料から最終的なカラーレジスト(レジストインキ)までを自社で一貫して開発・生産できる強みをフルに活かし、カラーディスプレイのさらなる高機能化や性能向上に寄与してまいります。

イメージセンサー用色材

イメージセンサーは、レンズから入った光を電気信号に変換する半導体です。
カラーフィルタは、FPDだけでなく、スマートフォンやデジタルカメラに組み込まれているイメージセンサーの中にも使われています。人間の眼でいうところの網膜に相当する部分で、その性能がデジタルカメラで撮る写真の画質を大きく左右します。
イメージセンサーには、大きく「CMOS」と「CCD」の2つの方式があります。従来、画質に優れ歪みの少ないCCDはデジタル一眼レフカメラなどに、消費電力が少なく小型化が容易なCMOSは携帯電話やコンパクトデジタルカメラに使用されるなど、用途によって2つの方式が使い分けられていました。しかし近年になり、CCDの画質に匹敵するCMOSイメージセンサーが開発されたことから、現在ではスマートフォンをはじめ、ほとんどのカメラにCMOSが採用されています。

光学機能性材料

赤外線(Infrared rays; IR)とは、赤、青、緑などの色が目に見える光(可視光)に比べて波長が長く、人間の目には見えない光です。その“見えない”特性を活かして、赤外線カメラやテレビ、エアコン等の家電用のリモコンに使用されています。さらに現在では様々なセンサーへの展開が期待されていますが、特に、自動運転や生体認証、監視カメラ等の用途では『赤外線をカットする』あるいは『赤外線だけを通す』といったIR制御が必要不可欠になってきます。弊社はこうした光学機能性材料で、お客様の赤外光を用いたセンシング技術の向上に貢献致します。

製品情報